綿棒を使って二重まぶたにする方法を教えます。

なんとか自力で二重にしたい!!

 

 


第一印象で人を見る時、やっぱり目は、大事なパーツです。

 

目が大きかったり、二重だったりすることは、美人の条件ともいわれています。

 

二重にする方法は、いろいろありますが、特に簡単にできる方法があります。

 

簡単に二重にしたい・・・
そんな方には、綿棒を使った二重まぶたを作る方法をおすすめします。

 

 

みんな一度は、綿棒で二重まぶたを作ることに挑戦したのではないでしょうか。

 

 

『二重まぶた』といっても大きく2種類に分類されます。

ひとつは、平行型二重まぶた、そしてもうひとつは末広型二重まぶたです。

 

平行型の二重まぶたは、普通の二重まぶたなので問題はないのですが、問題なのは、末広型の二重まぶたです。

 

これは日本人に多いまぶたなのです。奥二重の人もこのタイプで二重まぶたになっています。

 

 

 

綿棒を使って二重にする時にどうしてもうまくいかない場所がありますよね

 

蒙古襞(もうこひだ)です。

 

西洋人にはほとんどないのですが、日本人(黄色人種)にはよく見られます。

 

この蒙古襞があることによって目が小さく見えたり、目が離れて見えたりするのです。末広型の二重まぶたもそうです。

 

 

綿棒でまぶたをなぞってみてください。

 

一時的にでもすぐに二重まぶたになる人は、まぶたの脂肪が比較的薄いので、二重まぶたのライン付もすぐに定着すると思います。

 

 

滑りやすくするために、綿棒の先にワセリンやクリームなどを塗って、自分の理想とする二重ラインを優しく引きます。二重ラインがクセ付くように、上目遣いをしながら眼球を左右に動かします。これを毎日実践することで二重まぶたになればOKです。

 

 

 

綿棒でやってもすぐに元に戻ってしまう方は、すこし厄介です。

 

綿棒を目頭付近(蒙古襞)に気持ち強めに押し込み上手くラインができたらその状態をテープなどで、しばらく固定します。

 

この時、綿棒は短く切っておいておいた方が固定しやすいです。

 

見た目はカッコ悪いので外出などはできませんが、アイプチなどでくせを付けるのではないので、まぶたに負担をかけません。

 

とにかく目頭の蒙古襞を内側に引っ張りくせを付けることです。蒙古襞の解消にもなります。

 

そのままの状態でいるのは、ちょっとした弾みに綿棒が目に刺さるので、綿棒は顔に沿って平行に固定して下さね。

 

決して垂直に固定しないように。

補足説明

 

どうしてもうまくいかない時は、少しお金はかかってしまいますが、「埋没法」という二重になるための治療法があります。

 

メスで切ることなく、ハリと糸だけで固定する方法です。

 

元に戻ってしまうリスクはありますが、綿棒で固定して二重を作るよりは、比べ物にならないほどきれいに二重が継続します。10分くらいの手術でおわるし、傷跡も目立ちません。やり直したり、元に戻すことだってできます。
何より料金が他の切開手術と比べても安いです。

 

おそらく最安値ではないでしょうか?

 

 

東京中央美容外科

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加